平凡看護師が自由で楽しい生活を手に入れる

実績ゼロのとうふメンタル看護師が、パソコン一つで半年で月5万稼いだWebライティング術を無料配信中

無料メルマガ登録はこちら

キーワード出現率はそんなに重要じゃない

Webライター

Webライターやブログ、サイト運営をしている人は、記事を書く際に、キーワード出現率をめっちゃ気にする!って人も多いんじゃないでしょうか?

確かにSEO対策として、キーワード出現率は大切です。

けど記事全体でいうと、実はそんなに重要じゃないんです。

案外勘違いしている人が多いと思うので、今回はキーワード出現率について少しお話していきたいと思います。

キーワード出現率とは

そもそもキーワード出現率とは、「GoogleやYahooで上位表示させたいキーワードが、そのページのなかのすべての単語に対して何パーセントの割合で含まれているか」を示す比率のこと。

SEO対策について勉強をしていると、必ずと言っていいほどこの言葉がでてきます。

私もまだ何も知らない時には、

「キーワードを記事全体にたくさん入れ込んでおけば、上位表示されるんだ!」

と勘違いして、馬鹿みたいにキーワードを入れ込んだこともありました(笑)

けど実は、本当にこの方法で上位表示されていたのは、大分昔のことなんです。

以前は、記事内容はそっちのけで、ひたすらキーワードを入れまくることで、実際に上位表示されていました。

けど普通に考えて、こんな記事ばかり増えてくると、サイト全体の質が悪くなってしまい、インターネットで何かを調べようとしなくなりますよね?

そんなことがあっては元も子もないので、Googleさんも上位表示をする基準を定期的に変更しています。

なので現在では、ただただキーワードを羅列するだけでは、Googleに評価をしてもらえない様になっているんですね。

キーワード出現率より重要なこと

最新のSEO対策では、正直言ってキーワード出現率をそこまで考慮する必要性はありません。

というのも、今は「ユーザーにとって役に立つコンテンツか」ということが最も重要視されているからです。

あまりにもキーワード出現率にこだわって記事を書くと、そのことばかりに頭がいってしまい、ユーザー目線のコンテンツが作れなくなってしまいます。

なのでキーワード出現率は置いといて、まずは指定されたキーワードで、「どうしたらユーザーに役立つ記事を作ることができるか」を考えながら記事を作成し、その後でキーワード出現率を調べてみるといいでしょう。

この様に、毎回意識して記事を書いていくことで、サイト全体が読み手に支持されやすくなり、自然とGoogleにも評価されやすくなっていきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました