知識ゼロの元看護師が、1秒も働かずに稼ぐ週休7日の起業家に⁈

初心者の「何をすればいいかわからない」を100%無くし、
あなたの強みから1秒も働かずにお金を稼ぐ、
【パーソナルオーダー戦略】を無料で配信中

詳しい話を聴きたい方はこちら

とうふメンタル故の苦悩 誰にも本音が言えない毎日

マインド

こんにちは、なみです。

今日は、私がネットビジネスを始める前、
あまりのとうふメンタルさ加減に超苦労した話を
していこうかなと、、、

今でこそ、人からの評価なんて気にせずに、
思い切って看護師を辞めて、

自分のペースで夢や目標を叶えるために
毎日コツコツ努力をしていけるようになったのですが、

ほんの1年前までは、
他人からの評価でしか自分の価値を見出せなくて、

自分の本音をかくしつつ、
毎日周囲の人の顔色をうかがって生活していました。

本当は、あまりの切なさに、
書くのを辞めようかなーと思ったのですが、

もし今、当時の私と同じような思いをしている方が
読んでくれているのなら、
参考になるかもしれないなーと思い、

思い切って書いてみることにしました。

自分は孤独だと感じる人へ  その気持ちを帳消しにする方法

自分は独りぼっちだと思っていた

私は、子供のころから承認欲求が強くて、
誰かに認められたい、評価されたい、
という思いが強い人間だった。

子供の頃は、この欲求を原動力に、

苦手なことも、嫌なことも頑張って、
努力をすることができていたけど、

中学生くらいから、
この欲求が自分の首を絞めるようになった。

友人から「すごいね」って言ってもらいたいから、

本当はこの勉強めちゃくちゃ大変なんだよなー

って思いながら、

「こんなの余裕だよ~」

って意地を張って、

先生に

「ノートを職員室にもってきてー」

って言われたら、

えー、今日は早く帰ってテレビ見たいのに、、

って思いながら、

笑顔で残ってノートを持って行った。

母親の目に、優秀でできる娘だと映っていたくて、

Aちゃんと喧嘩しちゃったなー

って日も、

「毎日楽しいよ~」

って母親にでさえ嘘をついて取り繕ってた。

そうやって、どんどん自分に嘘をつくことが増えていって、

気付いたら、

今私が頑張ってるのって、だれの為なんだろう、、、?

って、本当の自分がどれなのかわからなくなった。

本当は、天才でもなんでもない、普通の人間。
私だって、好きでもない勉強をするのはしんどい。

本当は、友達とカラオケ行ったり、
プリクラ撮りに行ったりしたいよ。

けど、そうしたら私の成績は落ちて、
私の価値はなくなってしまう。

そんなの、絶対に嫌だ、、、!

自分の目標じゃなくって、
他人に認められたいがための努力に疲れ、

気づけば周りの人を妬む凄い嫌な人間になってた、、、

なんでこんなにも頑張っている私じゃなくて、
足が速いってだけのあの子がチヤホヤされるの?

昨日のバーベキュー、私誘ってもらってない。

いつもあの子に勉強教えてあげてるのに、
なんで私は誘ってくれないの?

なんで私ばっかり、いつも一人なの、、、?

こんなことばかり考えるようになって、

それでも本音は言えないから、
いつもニコニコして、

心の中はどんどん真っ黒になっていった。

頑張っているのに、それを認めて貰えない辛さ、
けど、それを打ち明けられない私の性格。

そんな終わりの無い負の感情が私の心を無茶苦茶にして、
自分の心も限界が来て、

私は本当に価値の無い人間なんだなって
今度は自分の存在価値がわからなくなった。

私は、誰からも求めて貰えない、
魅力のない人間なんだ

どれだけ頑張っても、私は独りぼっち

高校生になって、
自分の実力不足で夢を諦めることになり、

ますます、自分に自信がなくなった。

この頃には、
自分の存在自体が意味の無いような気がして、

自分は居ても居なくてもいい存在

私が今いなくなったとしても、
悲しむ人なんてきっと居ない

ただ息をしてるだけの、何の価値もない人間なんだ

って、自分を卑下しまくってた。

イヤイヤ、どんだけ病んでるだよって感じだけど。

けどこの頃は、
本当に自分のことが大嫌いで、

自分に自信なんて全くなかった。

本当に独りぼっちだと思っていたし、
存在価値のない人間だって本気で思ってたんですよね。

人と会うのが辛くて、学校にも行けなくなった

大学生になり、
人と接する機会が増えたことで、

私のメンタルはさらに落ちていった。

本当は行きたくないサークルの飲み会に参加して、
本当はお酒なんて一滴も飲めないのに、

場の空気を読んでお酒を飲んで、
トイレでぶっ倒れたり。

看護師を志す周りの友人が眩しすぎて、

私はというと、
本当は医師になりたかったこともあって
そこまで本気になれず、

私、場違いなのかも、、、

って学校に居場所を感じられなくなっていた。

人に会うと、
無意識にその人の機嫌をとって愛想笑いして、

その人にとって都合のいいキャラを演じて。

そうすると、凄く喜んではくれるけど

結局本当の私のことは嫌いなんだろうな~

って思うと、

本当の自分に価値なんてないって思ってしまって、
更に殻に閉じこもっていった。

もう誰にも会いたくない、、、、

人と会うのが苦痛で仕方なかった。

どこにも私の居場所がない
どこに居ても、私は独りだ。

お風呂のシャワーを頭から被りながら、
流れる水と一緒に何度も涙を流した。

気付いたら、朝起きると勝手に涙が出て、
起き上がれなくなっていた。

「ごめん、ちょっと間学校休む」

唯一仲の良かった友人にお願いして、
まるまる2週間、学校に行かなかったこともある。

休んだのは自分の意思の癖に
家にいるとその罪悪感に耐えきれなくって、

毎日朝から夜中までバイトをしてた。

時間があると、嫌なことを考えてしまうから、
当時の私には、そうすることしかできなかった。

今当時の自分を振り返って思うのは、

誰よりも私自身が、
自分の弱さを認めてあげれてなかったなー

ってこと。

「他人から見る自分は、こうでないとダメ」

っていう理想像みたいなものがあって、

それになれない自分が嫌いで仕方なかった。

けどね、本当はそんなものになる必要なんて
全くなかったんだよ。

なぜなら、完璧な人よりも、
どこかしら弱いところ、苦手なことがある人の方が
魅力的に見えるから。

例えば、人気アニメ「銀魂」の主人公、坂田銀時は、

超強い剣士である反面、
私生活はだらしない所もあって、でたらめで、
けど、なぜか憎めない、魅力的なキャラクター。

一世を風靡した鬼滅の刃の炭次郎も、
目標に向かってひたすら真っすぐで、努力家な反面、

プライベートなやり取りでは、
すごく天然で、同期の剣士や先輩剣士にツッコまれる、

という描写が数多くされてます。

どちらも、格好いい一面もあれば、
どこか弱みもあって、

けどだからって、人気が衰えたりしません。

寧ろ、そこにより魅力を感じて、
応援したい、頑張ってほしいって

もっと好きになりますよね。

人はこのように、

その人のちょっとした弱みに
魅力を感じる生き物なんです。

当時の私は

成績良くて、スポーツもできて、
いつも冷静で、リーダーシップあって、
いつも笑顔で誰からも好かれる、

そんな存在になりたかった。

けど実は、そんな完璧超人なる必要なんて
これっぽちもなかった。

それに、今だったら、

世の中の人全員に好かれることなんて無理なんだよって
声を大にして言える。

そもそも、一人にも嫌われない人なんて、
この世に存在しない。

現にさっき紹介した鬼滅の刃の炭次郎だって、

天然なところがあまり好きじゃない
っていう人も普通に存在する。

こんなにも当たり前のことなのに、

当時は独りぼっちだと思っていたから、
これ以上人が離れていくことが
本当に耐えられなかった、、

本当の自分は、こんなにも弱いんだよってことを
だれよりも私自身が認められなかったんだなって思う。

とうふメンタルから抜け出せた一つのきっかけ

こんなにもメンタルが不安定だった私が
それを乗り越えられたひとつのきかっけが、

ネットビジネスだった。

ネットビジネスに出会った当初は、

ただ自分の力で稼ぎたくて、
会社員を辞めて自由になりたかったからだったけど、

本格的にネットビジネスを始めてから、

私は、自分自身で
メンタルを安定させることができるようになった。

それは、
ネットビジネスは自分の弱みを強みに変えられる
ということを知れたから。

ネット上では、その人の顔や雰囲気がわからない分、
ブログやSNSなど、あらゆるツールを使って、
自分自身のことを、
お客さんに知ってもらわないといけない。

その中で大きな武器になるのが、
その人のコンプレックスであり、弱み。

人間は、自分と同じ悩みを持つ人に、
無意識に共感する性質があります。

例えば、
特に興味の無かったインテリ芸能人が、

番組で、実は昔はめちゃくちゃ偏差値低くて、
テストもいつも赤点で、、、

って話をしていたら、
その芸能人に興味を抱きませんか?

ネットビジネスもそれと一緒で、

顔も雰囲気もわからないからこそ、
同じ様な悩み、コンプレックスを持っている人に
お客さんは興味をもってくれます。

だから、ネットビジネスでは
思いっきり自分の本音、
ダメな所をさらけ出して良い。

寧ろさらけ出さないといけなんです。

私も最初は、
見ず知らずの人に、本心をさらけ出すなんて、、、

ってめちゃくちゃ抵抗あったけど、

いざやってみると、本当にたくさんの方から、
感謝のメッセージを貰えるようになった。

「なみさんのブログ、めちゃくちゃ共感しました。」
「私も、とうふメンタルで同じ様な経験あります。」
「なみさんなら、信用できるなって思いました」

そんな言葉を沢山いただけるようになった。

それになにより、
ありのままの自分を
受け入れて貰えたことが本当に嬉しくて、

私のダメダメな経験が、
他の人にとっては価値のあるものになるんだと知れて、

自分は価値のない人間なんかじゃなかった
って、自分に自信を持てるようになった。

私の発信を見て、私に興味をもってくれて、

「なみさんに出会えて本当に良かった」

って言ってもらえた時は

本当にやってよかった、、、!!

って心から思えた。

(そしてちょっと泣いた笑)

ネットビジネスに出会えて、
とうふメンタルを抜け出せて、

本当に良かったなって思います。

この世に独りぼっちの人なんていない

超絶とうふメンタルで
自分に自信なんて全くなくて。

そんな状態から這い上がれた私が伝えたいのは
この世に独りぼっちの人なんて居ないんだよってこと。

私は、自分の本音をだれにも言えなくて、
勝手に心を閉ざして、

そのせいで、だれからも求めて貰えないって
思いこんでた。

けど、ネットという広い世界に飛び込んだことで、

私のような人間でも、
価値を感じてくれる人が居ることを知れて、

実は気付いてなかっただけで、
独りぼっちじゃなかったんだなって思えた。

現に私は、
ネットビジネスを始めてたった6ヶ月だけど、

メルマガの読者さん、
Twitterのフォロワーさんから
毎日のようにメッセージを頂けているし

私の発信を見て、
ネットビジネスをやってみようと思ってくれた方もいた。

本当に、毎日感謝しかない。

人間だれしも、
学校や職場で、

辛いな、しんどいな

って思うこと、山の様にあると思う。

それでも、理想の自分で居ないといけない、
仕事をしてお金を貰っている以上は、
しんどくても我慢してやっていかなといかないって

心の中のモヤモヤを、
周りに悟られない様に生活している。

それって、すごい窮屈だなーって。

本当は思いっきり泣きたいし、
思いっきり笑いたいし、

うわーーーーって人目をはばからず叫びたい。

本当の私はここにいるんだよって。

日常生活だと、

こんなこと言ったら嫌われるかなって
かなかそれってできないんよね。

けど、それがネットだったら?

顔も名前も知らない人達だからこそ、
その世界では取り繕う必要がない。

肩書もプライドも、何もかも取っ払って
ネットの世界では自分をさらけ出すことができる。

私は、ネットの世界に踏み込んで、
この事実を知った。

今まで友人や家族に嫌われたくなくて
本当の自分を隠して生きて来たけど、

ネットで自分の中身をさらけ出して
ありのままを発信してた。

そしたら、そんな私を知った上で
声を掛けてくれる方が沢山居て、

なみさんだからいいんですって
言ってくれる読者さんも居て、

本当に心が救われた。

その上、私の今までの経験が
誰かの生きる糧になって、

未来に希望を与えられる。

ネットの世界って本当に素敵だなーって思った。

だから私は、ネットの世界が大好きだし、

自分のありのままの発信で、
誰かに価値を提供できる

ネットビジネスが天職だと思っています。

だからもし、当時の私と同じように

毎日しんどいな、
自分って本当に価値があるのかな

って悩んでいる人は、

まずは視野を広げてみて、
新しい世界に飛び込んでみて欲しいなって思います^^

もし、具体的に何をしたらいいのかわからない、
というのであれば、

まずは私のメルマガに登録してみてください。

私のメルマガでは、

また、私のメルマガでは、
ブログでお話している内容を、更に深掘り話をしています。

例えば

・全くの初心者だった私が、
 6ヶ月で月収40万稼ぎ、看護師を辞めた具体的な過程

・好きなこと、得意なことを活かして
 お金を稼ぐ戦略の中身

・パソコン1台で、寝ていても遊んでいてもお金が入る仕組みを作る具体的な方法

などなど。

更に、期間限定で、
まったくの初心者の状態から副業を始め、
得意なことを活かして
パソコン1台で月収40万稼いで起業するまでの話をまとめた
1200円で販売中の電子書籍を、

今だけ無料でプレゼントしています。

ぜひ、こちらも手に取って読んでみて下さいね^^


私自身のことについて、こちらの記事でもお話しているので
よければ一緒に読んでみてください。

↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました